和食

【実食】シンプル故に使いやすい「青森シャモロックスープ」

・青森シャモロックの濃縮ガラスープ。
・1本で約1.5Lのスープが作れる。
・味付けは塩だけなので使い勝手が良い。

【実食】岩手の辛い調味料「糀屋の一升漬け」【麹屋もとみや】

・岩手県の名物である一升漬(三升漬)。
・青唐辛子と麹、醤油を漬け込んだピリ辛調味料。
・使い勝手がよく、様々な料理に使うことが出来る。

【実食】旨味と風味が凄い「丹波黒豆みそ」【丸新本家・湯浅醤油】

・クセのある豆味噌としては風味が穏やか。
・旨味が通常の味噌よりも多い。
・黒豆の味が感じられ、代わりになる商品が無い。

【実食】風味豊かでピリ辛「京の胡麻だれ」【おちゃのこさいさい】

・ごまの風味と旨味がふんだんに楽しめる。
・全体的に濃いので少量で十分。
・ドレッシングやソースなどと幅広い活躍。

【実食】しっとり柔らか「豚肉の味噌煮込み」【米久】

・ローストと真空調理を交互に行うことで旨味が逃げない。
・赤味噌や甜麺醤などのオリジナリティのある素材を使用。
・1本450gとボリュームがたっぷり。

【実食】塩麹が深みを与える「黒ポン酢」【梅薫醸造】

・塩麹とあごだしを使ったぽん酢。
・白ぽん酢は塩味、黒ぽん酢は醤油味。
・塩麹によるトロミが食材によく絡む。

【25品比較】調理師厳選のだしパック【ランキング】

・出汁にうるさい調理師である管理人が3年以上かけて出汁パックを研究した記事です。

【実食】マツコの知らない世界で紹介された太兵衛そばは良品

・マツコの知らない世界で紹介された乾麺のそば。
・そばの香りと甘みを楽しめる。
・更科そばというよりは藪に近い性質を持っている。

【実食】香りが素晴らしい「向井珍味堂」「すじ青のり」

・四国産の香りが良いすじ青のりの粉末。
・高知県と徳島県産すじ青のり100%。
・注文を受けてから商品作りをしてくれる。

【実食】銘酒を使った「秋田の田舎漬 粕漬け」【浅舞婦人漬物研究会】

・秋田県の特徴が楽しめる粕漬け。
・かなり品質の良い酒粕を大量に使っている。
・ボリュームがあり、値段がリーズナブル。

【実食】風味が良い「実山椒」【味の顔見世】

・京都の惣菜屋で使用している実山椒の水煮。
・安物と違い、風味がとても豊か。
・水煮なので安定した風味が期待できる。

【厳選16品】調理師が実食して選んだ海の幸【お取り寄せ】

・当サイトで紹介しているおとりよせした海産物(川魚アリ)のレビューをまとめた記事です。

【厳選10品】調理師が実食して選んだ漬物【お取り寄せ】

・当サイトで紹介しているおとりよせした漬物のレビューをまとめた記事です。

【実食】自宅でそば屋「だし香るカレー南蛮蕎麦の素」【水牛食品】

・蕎麦屋で味わえる様な独特の美味しさを再現。
・切った具材を炒めて、素を入れて煮るだけ。
・鰹節と鯖節の出汁の香りを楽しめる。

【実食】旨味と香りが良い「フレーバーオイル」【うれし野ラボ】

・ニンニクやバジルなどの香りを閉じ込めたオイル。
・7種類のフレーバーオイルがある。
・調味料は入っていないので、好みの味付けが出来る。

【実食】フルーティな万能調味料「へんこだれ」【山田製油】

・ごまの芳ばしい香りがたっぷりとする。
・たまねぎとリンゴの甘さが際立つフルーティな味。
・余計な物が入っておらず、コクがある甘辛ダレ。

【6種実食】最高峰の山椒や七味たち【やまつ辻田】

・材料は全て国産で最高峰の素材を使用。
・本当に美味しい唐辛子と山椒の味が知れる。
・様々な七味があるので、好みのものを探せる。

【実食】コッテリ燻製鯖をサッと「THEさBAR」【夜明茶屋】

・袋から出してすぐに食べられる燻製鯖。
・常温でも1年間保存が出来るのが便利。
・脂の乗った鯖としっかりとした薫香が酒に合う。

【実食】最高峰の味付け海苔「さくり」【マスヤマ海苔】

・サクサクとした歯ごたえと最高の口溶け
・最高級の初摘み海苔を加工している。
・薄い海苔ではなく、厚みがあるので味が濃い。

【実食】90分で本格ぬか漬け「ヌカ美人」【ブルックス】

・コーヒーで有名なブルックスが手掛けている。
・ぬか床を使わずに、粉末をまぶすだけで完成。
・少し工夫すれば本格的な古漬けも作れる。

【実食】自家製たまごと茎わさびの濃厚ドレッシング【フェルエッグ】

・茎わさびのピクルス入りマヨネーズソース。
・満点☆青空レストランで紹介された卵専門店の商品。
・自家農場で育てたピュアエッグを使用。

© 2020 シェフのお取り寄せ~グルメの扉~