0000~1,000円

【実食】信州伝統の味を高級品に「善光寺しょうゆ豆」【すや亀】

2020/1/24  

・長野の郷土料理であるしょうゆ豆の高級バージョン。
・醤油のコクが染み込んだ発酵調味料。
・米麹と甘酒、和風だしが使われているのでまろやか。

【実食】激辛で旨味たっぷり「辛MAX漬」【ハコショウ】

2020/1/21  

・岩手の名物一升漬を激辛にした商品。
・激辛なだけではなく、旨味もたっぷり。
・色々な料理に使うことが出来る。

【実食】万能タマネギ調味料「淡路島オニオンスパイス」【鳴門千鳥本舗】

2019/12/28  

・タマネギの旨味が入ったミックススパイス。
・これ1本で肉の味付けが決まる。
・サラダやスープなどにも使える万能調味料。

【実食】ふわっとしっとり、種類豊富「金澤ケーキ」【金沢兼六製菓】

2019/12/23  

・保存が効く上にリーズナブルなケーキ。
・全部で16種類の味わいと期間限定商品がある。
・フワッとした歯ごたえとしっとりとした口溶けが楽しめる。

【実食】陸と海の出会いもの「五島の鯛で出汁をとったなんにでもあうカレー」

2019/12/18  

・鯛の出汁だけではなく、牛骨のブイヨンも使っている。
・複雑な旨味が楽しめるが、辛さとスパイスは控えめ。
・具なしのプレーンがあり、オリジナルカレーも手軽に作れる。

【実食】昆布とチョコの異次元昆布飴「ちょこまる。」【源蔵屋】

2020/1/11  

・チョコレートと昆布の異次元コラボレーション。
・ネタ商品と思いきや、独特の美味しさを楽しめる。
・バレンタインの特別商品だったが、人気が出たためレギュラー入り。

【実食】阿蘇ミルクを使った「生チーズ饅頭 一五九二」【古今堂】

2019/12/13  

・チーズの濃厚な味と和菓子を上手く合わせている。
・食品コンクールで入賞した「ASO MILK」を使用。
・和洋折衷の味わいであり、コーヒーと良く合う。

【実食】ニンニクたっぷりでもサッパリ「醤油蔵のパスタ醤油」【サクラカネヨ】

2019/11/22  

・フライドガーリックがたっぷりと入ったパスタソース。
・にんにく醤油と違い、細かい工夫がされている。
・1つ具材があれば美味しく仕上がる。

【実食】希望の缶詰は味も良い「まぐろの尾身大和煮」【木の屋石巻水産】

2019/10/31  

・水揚げされた魚を即日加工し、国内素材のみで作り上げる。
・値段は高いがクオリティを考えれば相応以上の価値がある。
・マツコの知らない世界で紹介された「金華さば」の缶詰が有名。

【実食】複雑な旨味を持つ「恐るべき辛味噌炒めの素」【よしの味噌】

2019/10/22  

・味噌屋が作る辛いだけではない、複雑な旨味を持つ調味料。
・汎用性が高く、幅広く使える。
・餃子や納豆などのタレとしても使用可能。

【実食】まろやかな上にツンとこない「氷温純米酢」

2019/10/19  

・ツンとこない酢が欲しいと言われて作られた米酢。
・まろやかな酸味と穏やかな香りがする。
・加熱せずとも使いやすい調味料。

【実食】たまり風味がする野菜の味噌漬け「風鎮漬」

2019/10/19  

・老舗の作る味噌と醤油で漬けられた漬物。
・塩気が強いがそれに負けない旨さがある。
・お茶漬けにすると非常に美味しい。

【実食】実は蜂の巣はウマイ「かの蜂」の「巣みつ」

2019/10/19  

・家庭でも楽しめるミニサイズの巣みつ。
・蜂の巣を熟成させることにより、ハチミツよりもコクがある。
・かの蜂は高評価ショップであり、多種多様の製品がある。

Copyright© グルメの扉 , 2020 All Rights Reserved.