Amazon お取り寄せ 楽天 洋菓子

【実食】サックリとろける「チョコレートチップ」【ハムレット】

ハムレット チョコクリスピー 125gX4箱入り

セールスポイント

・ベルギー製のチョコチップス。
・ポテトではなく、ライスクリスプで作られている。
・4種類のフレーバーがある。

HAMLET(ハムレット)とチョコチップス

1965年にベルギーに設立された「ハムレット」はチョコレートとビスケットの製菓メーカーであり、ヨーロッパを中心に輸出が全体の60%を占める世界的な企業です。

ベルギーチョコレートである本製品は日本で見かけるポテトチップスにチョコレートをコーティングしたものとは全く違うスイーツとなっています。

極薄のライスクリスプに老舗が作るチョコレートをたっぷりと絡めた「チョコチップス」はサクサクとした食感とチョコレートの口どけに優れており、複数のフレーバーがあります。

レビュー

今回紹介するのは「ハムレット」の「クリスピーチョコ」「クリスピーカカオ」「クリスピーオレンジ」「クリスピーストロベリー」の4種です。

▼パッケージです。

上部の24と書かれている数字は1箱に含まれているチョコチップスの枚数を表しており、24枚入りと36枚入りが販売されています。

▼ストロベリーを追加購入。

▼見た目はほぼ一緒。

最初はよく見ずに購入した本製品でしたが、日本でよく見かける似たような製品とは全くの別物でした。

米粉を使ったサクサクとした生地にたっぷりとチョコレートが絡んでいますが、湿気た様な歯ごたえは一切なく、チョコレートの口溶けと同時にサクリ・ホロリとした食感を楽しむことが出来ます

イメージとしてはロッテのクランキーのライフパフを細かくし、上質のチョコレートに置き換えたものが近いと感じました。

ゴディバでわかる様に日本人にはベルギーのチョコレート菓子がオススメしやすく、甘味とコクがちょうどいい具合になっています

▼左からチョコ、ココア、オレンジ、ストロベリー。

プレーンである「クリスピーチョコ」はチョコレートの味わいがしっかりと感じられ、甘味とチョコレートの旨味のバランスが非常に整っています。

「クリスピーココア」はチョコレートの味わいよりもココアの印象が強く、ビターな味を好む人にオススメですね。

「クリスピーオレンジ」はフレーバーテイストの中では一番人気の商品であり、オレンジの香りが一口目からふわっと口の中に広がり、チョコレートの風味と非常に合っています。

「クリスピーストロベリー」はイチゴの香りがやや強めですが、本格チョコレートの味わいを損ねない味わいとなっており、如何にも海外の洋菓子と言った印象です。

▼表面と裏面を見やすくした画像。

そのままパリパリと食べるだけでも良いですが、アイスクリームやパフェなどのトッピングに使っても面白そうですね。

使う場合にはフレーバーが使われているものよりも、「クリスピーチョコ」か「クリスピーココア」のどちらかが無難でしょう。

BARや居酒屋などのおつまみとして提供している店もあり、ウイスキーやバーボンなどのアルコールが強めのドリンクと合わせると美味しく食べられます。

総評

サクサクパリパリと手を伸ばしてしまう中毒性のあるベルギー菓子ですね。

様々なフレーバーも用意されており、『次は何を食べようかな?』という楽しみ方が出来るのもこのお菓子のメリットです。

チョコレートが溶けると製品同士がくっついてしまうので、冷蔵庫で管理し、食べる直前に常温に戻す方法がオススメです。

今回頼んだ商品の中で通常の味わいである「クリスピーチョコ」と「クリスピーココア」は「4フレーバーアソート」には含まれていません。

-Amazon, お取り寄せ, 楽天, 洋菓子

© 2020 シェフのお取り寄せ~グルメの扉~