0000~1,000円 お取り寄せ 和食 楽天 漬物 送料無料 野菜

【実食】千円で満足「久虎」の「漬物セット」

2018年8月29日

セールスポイント

・様々なごはんのおかずを2、3点セットで安く購入出来る。
・少し変わった風味や味付けを楽しめる。
・スーパーの漬物と同じ価格帯で、値段以上に味が良い。
久虎 楽天市場店

久虎について

長野県に会社を構える「久虎」の店主はそば打ち職人であり、楽天の販売ページでも生そばを提供しています。

ですが、「久虎」のメインはセレクトショップで、主に様々な漬物やご飯のお供を販売しています。

少し変わった味付け

ここの店で取り扱っている商品は少し変わった物が多く、真っ黒になるぐらいたっぷりの黒胡麻で和えた「黒胡麻れんこん」やえのき茸と明太子、キムチの素と和えた「明太子なめ茸」などがあります。

中でも人気が高いのは地中海産オリーブオイルで和えた「野沢菜明太子」で、高リピート率を誇っている商品です。

1,000円ポッキリの商品が多い

「久虎」では送料無料で税込み1,000円のセットが多数あるのが特徴で、期間限定の商品もよくあります

自分で商品を1つ1つ選べる訳ではありませんが、基本的にはコンセプトに適したセットになっており、「海鮮なめたけ3袋セット」や「信州の素材を使った3種類のごはんの友のセット」などがあります。

ほとんどの商品が送料無料で500円又は1,000円で楽しめるので、スーパーで購入するものとそこまで値段の差がなく、リーズナブルかつリピートしやすいのが特徴です

レビュー

今回紹介するのは「久虎」の「いろいろ楽しめるごはんの友3種類」です。値段は送料無料で税込み1,000円でした。

▼セット内容は「信州野沢菜茶漬け」「信州野沢菜油炒め」「極太メンマと信州産えりんぎ」です。

信州野沢菜茶漬け

ポイント

信州産野沢菜の風味と食感を楽しめ、そのままでもお茶漬けにしても楽しめる。

野沢菜の香りはほんのりとしており、よく食べるシャキシャキした独特の風味を持つ野沢菜とは別物で、どちらかというと高菜漬けのような古漬けの系統に似ています。

生姜がたっぷりと入っていることで、野沢菜のクセはだいぶ軽減され、お茶漬け用なので醤油がしっかりと効いており、やや塩気が強いですね。

▼お茶漬けにしました。

そのままでも楽しめますが、本領発揮するのはやはりお茶漬けですね!

やや塩気が強かった「信州野沢菜茶漬け」でしたが、お茶漬けにすることでいい塩梅になり、生姜のおかげでサッパリと食べられます

写真では鮭を載せていますが、無くとも十分に美味しいお茶漬けを食べることが出来ます。

注意点としては「信州野沢菜茶漬け」自体の味が強めなので、塩の入っていない出汁やお湯、緑茶を使うようにしないと、しょっぱくなってしまいます

信州野沢菜油炒め

ポイント

漬物を炒めることで香りを良くし、コクを増やしている。

こちらは「信州野沢菜茶漬け」と違って優しい味わいになっており、ごま油と炒りごまが入ることで風味がまろやかになっています

しっかりと炒めてあるので、漬物にありがちな発酵臭はかなり軽減されており、かつお節や昆布が効いているので旨味がたっぷりあります

これだけでもご飯がかなり食べられ、大根おろしや豆腐などと組み合わせても美味しいですね。

▼ごま油のコクと旨味により、豆腐に載せるだけで料理のように。

極太メンマと信州産えりんぎ

ポイント

極太メンマを楽しめるように市販のメンマよりやや薄味で、ピリッとしている。

見た目から驚きましたが、本当に極太なメンマです(笑)。

勿論サイズの差はありますが、1cmの拍子切りになっているメンマがゴロゴロと入っているので、メンマをおつまみにしている人はかなり嬉しいのではないでしょうか?

メンマは歯切れが良く、大きいので食べている充実感がありますね。

味は醤油と砂糖をベースとしたほんのりとした甘口で、コショウとラー油が入っているのでほんのりピリッとしています。

▼エリンギはそこまで入っておらず、薄めに切られています。

エリンギも同様の味ですが、たっぷりと旨味を吸わせているのでエリンギだけの詰め合わせでも売れるぐらいのクオリティに仕上がっています。

桃屋のメンマよりも味がくどくないので、比較的サッパリと食べられるのも良いですね。

総評

この値段帯で考えればかなり上質な漬物になりますね

量も「野沢菜茶漬け」が150g、「野沢菜油炒め」が90g、「極太メンマと信州産えりんぎ」が145gと汁気がほとんどないことを考えると立派です。

『スーパーやコンビニの漬物に飽きたが、お金をかけずに色々試したい』という人にオススメですね。

-0000~1,000円, お取り寄せ, 和食, 楽天, 漬物, 送料無料, 野菜

Copyright© グルメの扉 , 2019 All Rights Reserved.