0000~1,000円 お取り寄せ 和食 魚介類

【実食】酒のあてから〆までフグ三昧!「和田珍味」のフグ

2017年10月21日



セールスポイント

・ふぐを中心に魚介類の加工品を扱っている。
・国産の天然物であるフグだけを仕入れている。
・職人が手作業で丁寧にふぐをさばいている。
ふぐにかける情熱、和田珍味

和田珍味とは?

「和田珍味」ではフグを中心とした加工品を多く取り扱っており、フグだけでも20種類以上の加工品があります

雑炊や一夜干しなどの一般的なものだけではなく、燻製やみりん干しなどの変わった珍味も扱っています。

又、フグだけではなく様々な魚介類の加工品を取り扱っており、「和田珍味」ならではの商品も多くあります。

魚介類に目がない人にはうってつけのお取り寄せオンラインショップなので、どのような商品があるか1度チェックしてみてください。

お茶漬けならコレ!「和田珍味」の「いかの塩辛」!

・昔ながらの塩が効いているイカの塩辛。
・魚介類には造詣が深く、様々な商品を作り出している。
・お茶漬けに適した味付けにしている。

続きを見る

国産の天然物でありながら手軽に楽しめる

「和田珍味」で使われているフグは国産の天然物ですが、高級なトラフグを扱っているわけではなく、九州の各産地や日本海で獲った「クロサバフグ」や「シロサバフグ」「マフグ」などを使用しています。

なので、値段がとてつもなく高いということはなく、お手軽に食べることが出来るのが嬉しいポイントになっています

職人による手作業

良質な素材の旨さを損なわない様に、いかに素材の鮮度を落とさず迅速にさばくことを重要視しています。

そのためには熟練の職人がふぐを一枚一枚手仕事で丁寧に行うことが必要だそうです。

レビュー

今回紹介するのは「ふぐ味醂干」、「ふぐのくんせい」、「ふぐ生茶漬」の3つです。

この3つを選んだ理由は酒の肴と〆まで考えて、フグ同士で組み合わせてみました

ふぐ味醂干 税込み324円

特徴

時間をかけてじっくりとつけ込み、フグ一枚一枚にタレを染み込ませています。

味醂干のタレは秘伝であり、キレイな飴色になるのが特徴です。

食べ方

1.フライパンにアルミ箔をしき、「ふぐ味醂干」を並べる。
2.フタをして弱火で加熱する。
3.色が少し白っぽくなったらひっくり返して、再度フタをして焼く。
4.焼き色が少しついたら、温かい内に食べる

ふぐ味醂干のレビュー

手で裂くのはとても簡単なのですが、食べてみるとしっかりとした歯ごたえはありました。

といっても、多くの味醂干しと違い、こちらの商品はとても歯切れが良いので、疲れません

ふぐ自体も干していることで味が豊かになっているのですが、秘伝のタレが味を複雑にし、旨味と甘さをプラスしています。

子供から大人まで幅広く楽しめる味ですが、お酒の共にも良く、日本酒とビールにはよく合いました。

焼き立てはとても熱いのですが、味醂干しはすぐに固くなるので熱いうちに食べてしまいましょう。

ふぐのくんせい 税込み540円


特徴

ナラの木を利用して、じっくり燻したのがこちらの商品です。

ソフトな柔らかさが特徴であり、通常のふぐとは違った味わいを楽しむことが出来ます。

そのまま食べることも出来るそうですが、オーブントースターで軽く温めました。

食べ方

1.オーブントースターを250℃まで暖める。
2.アルミ箔は敷かずにそのまま短時間で焼く。
3.2,3分焼いたらOK。

ふぐのくんせいのレビュー

白身魚なので柔らかい香りを付けているのかと思っていたら、思いの外スモーキーな仕上がり方にしていますね

薫香自体はクセのある匂いですが、強いフグの味を味わうことが出来ます

フグの身には塩気がしっかりと効いており、ほんのりと甘味があるのでお酒のお共に適しています。

日本酒も悪くないですが、ビールやウイスキーと合わせると管理人は好きでした。

ふぐ生茶漬 税込み270円

特徴

生と商品名につくぐらい新鮮なフグの身をつかっているのが特徴で、ちょっとした贅沢なお茶漬けを簡単に作れるのが嬉しいポイントです。

用意するものはお湯とご飯です。お茶漬けの素とふぐが別けられており、手順はシンプルです。

作り方

1.お湯を沸かす。
2.ご飯、ふぐ、お茶漬けの素の順に載せる。
3.お湯を注ぐ。

 

ふぐ生茶漬のレビュー

ちょっと高級なお茶漬けの素に美味しいフグがトッピングされたインスタントのお茶漬けという感じです。

お茶漬けの素自体は市販品よりもほんの少し美味しい程度のものでした

しかし、生のフグから抽出される旨味が加わると途端にグレードが上がります

値段を考えると立派な味であり、通常のインスタント茶漬けと同じ感覚で食べられるので、手軽に食べる〆としては最適かもしれません

味が濃い目なので、多めのご飯と多めのお湯をかけると良いでしょう。

総評

1000円でフグを3品も楽しめることを考えるとかなり安いと思います。

高級なフグではなく、安価なフグなのでいつでも味わうことが出来るのは便利ですね。

特に今回食べた中でオススメしたいのは「ふぐ味醂干」でした

フグの味醂干は初めて食べましたが、ここまで旨味がたっぷりとは思いませんでした。

これらの製品は常温でも保存しておけるので、気に入ったらストックするのも良いかもしれませんね

創業80余年の手仕事が支えます。和田珍味



-0000~1,000円, お取り寄せ, 和食, 魚介類

Copyright© グルメの扉 , 2019 All Rights Reserved.