Amazon お取り寄せ 楽天 洋食 調味料

【実食】イタリア高級品「Sugo di Mezzanotte」深夜のソース【アレンジ】

深夜のソース 180g イル・モンジェット社 イタリア産 (Italian Pasta Sauce Sugo di Mezzanotte/Midnight Sauce)

セールスポイント

・茹でたパスタに絡めるだけで完成。
・イタリア産の高級素材で作られたトマトソース。
・様々な料理に使うことが出来る。

IL MONGETTO(イル・モンジェット)について

北イタリアのピエモンテ州にある「イル・モンジェット」は1981年に設立された食品加工メーカーです。

オーナーのロベルトは元々一つ星のレストランを経営していた実力者ですが、設立する前に万全を期してワインの権威2人と著名な料理評論家1人の3人からアドバイスを受け、最高のものを作ることにしました。

最高を求めた結果、作り方はほぼ手作りに近い状態で作ることになり、オリーブオイルは「マンチャンティ」、ケッパーはサリーナ島の物を使い、添加物を一切使っていないので、値段は従来のソースと比べると高い商品が多めです。

ですが、「イル・モンジェット」の加工品は地元の活性化につながる程高評価であり、今では観光客が来るほどの街になりました。

▼マンチャンティの商品は高額ですが、高評価。

7つの味わいから選べるトマトソース

「イル・モンジェット」の商品はピエモンテ州の伝統的なソースと家に代々使わるレシピを参考に作り出されてものですが、トマトソースだけでも7種類販売されています。

今回は売れ筋である「SUGO DI MEZZANOTTE」と「SUGO DEL DIABOLO」だけをピックアップします。

SUGO DI MEZZANOTTE/深夜のソース

深夜のソース 180g イル・モンジェット社 イタリア産 (Italian Pasta Sauce Sugo di Mezzanotte/Midnight Sauce)

直訳すると深夜のソースという商品名であり、イタリアでは寝る前に食べる場合には消化を良くするために辛いものを摂取するという考えがあることを反映させて作られています。

ピリッと辛味の効かせた大人のソースですが、トマト・唐辛子・ニンニク・オリーブオイル・イタリアンパセリ・塩(原材料の表示順)のみとオリーブオイルが少なめになっています。

パスタソースですが、ブルスケッタや魚料理、リゾットやピザなどと幅広い料理に使うことが出来るのも特徴です。

SUGO DEL DIABOLO/悪魔のソース

悪魔のソース 180g イル・モンジェット社 イタリア産 (Italian Pasta Sauce Sugo del Diavolo / Devil Sauce)

こちらもまんま直訳で悪魔のソースという意味になり、中世イタリアから伝わる伝統的なパスタソースです。

トマトベースなのは「深夜のソース」と一緒ですが、こちらはツナとアンチョビを入れたコクのあるソースに仕上げられており、ピリッとした辛さを持っています。

こちらもパスタソースなのでシンプルに混ぜるだけでも使えますが、海産物を活かす為のソースとして有名なので、下味を付けた魚介類と一緒に調理するとより美味しくなるそうです。

レビュー

今回紹介するのは「IL MONGETTO」の「SUGO DI MEZZANOTTE/深夜のソース」です。

▼高級感のあるデザインになっています。

▼中身のソースです。

塩気はソースとしては控えめであり、トマトの爽やかさとピリッとする唐辛子の辛さ、そしてニンニク臭さは感じさせずに旨味をたっぷりと引き出しているのが特徴です

オリーブオイルも入っていますが、かなり控えめなのでドバッと使ってもサッパリと食べられるので、まさに「深夜のソース」ですね

構成自体は先述した様にかなりシンプルですが、ほとんど煮詰めていないサラッとしたソースにも関わらず、トマトの味は濃厚です

丁寧に煮詰められていることも想像付きますが、素材の品質が味の表面にしっかりと出てきていますね。

▼盛り付けたしたものです。

非常に高品質なパスタソースですが、実はこのパスタソースは1瓶で2人前なので、たっぷりと絡めるのが前提です

ですが、写真の様に大さじ2程度で収めれば2倍長く楽しめます。

今回使用したパスタは「バリラ」の「No.3の1.4mm」という細めの麺であり、麺が小さい分麺の自己主張が小さく、オイルパスタや軽めのソースに適しています。

このパスタを通常の倍ぐらいの塩水で茹で、オリーブオイルを少し多めに絡ませてから「深夜のソース」を載せるとそれなりにバランスを取ることが可能になります。

勿論、半瓶分使って贅沢するのが一番美味しい食べ方ですがこの様にすれば色々な料理を楽しむことが出来ます

▼カジキマグロのソテーに掛けました。

塩コショウをしたカジキマグロをオリーブオイルでコンフィ気味(低温の揚げ焼き)にし、ソースを掛けて軽く炙りました。

カジキマグロは硬くなるとイマイチですが、丁寧に加熱するとフワッと優しい歯ごたえになり美味しくなります。

カジキマグロは油がそれなりにありますが、旨味がやや物足りない魚なので、このソースの辛味やトマトとニンニクの旨味が加わるとフレンチの様な立派なメニューになります

パスタと違ってそこまでソースの量が要らないので、長く楽しめる使い方ですね

▼贅沢なピザトーストです。

好みの厚さの食パンにトマトケチャップと「深夜のソース」を1:1の割合で塗ります。

そして、成城石井で買ってきたチェダーチーズをたっぷり載せて、オーブントースターにて200℃で5分焼きます。

ピザトーストなのですが、そこらのピザ屋よりもかなり美味しくなります(笑)

高いといってもピザの出前を取るよりもかなり安いので、宅配ピザや冷凍ピザに飽きた場合などにこの製品を買って作ってみてください。

総評

値段はちょっと高めですが、トマトソース単品でオススメ出来る商品は今の所これぐらいですね(笑)。

パスタソースとして本来はオススメするものなのでしょうが、管理人はシンプルに使いやすいソースとして使った方が好きでした。

パスタの場合は本来、たっぷりと使うのが前提なので、辛いのが苦手な人は調整しながら使うことを推奨します。

ちょっと贅沢なパスタのレトルトと考えられる人ならばストックしておくと、湯煎が不要なので『忙しいけど美味しいものを食べたい』という時には重宝するでしょう。

-Amazon, お取り寄せ, 楽天, 洋食, 調味料

© 2020 グルメの扉~プロ厳選のお取り寄せ~