レシピ 中華 手作り 調味料

少ない手間で本格的!「食べるラー油」を作ってみよう!

投稿日:2017年8月28日 更新日:




お品書き

今回紹介するのは手作りの「食べるラー油」です。食べるラー油のブームは2010年に起こりましたが、スーパーには今でも置いてあるぐらいに定着した商品です。

材料はなるべくシンプルにしています。管理人の食べるラー油の使い方は冷奴のトッピングやご飯のお供、炒め野菜、餃子などに使うので、塩気は後で足せばいいと思っています。

勿論、味付けしても美味しいのでアレンジするのにオススメの材料を最後に紹介します。

そもそもラー油とは?

ラー油は感じで書くと「辣油」となり、「辣」とは熱を伴う辛さのことです。

実は中国では日本にあるラー油と違い、加熱した調味料は濾さずにそのまま入っています。

辛さは全然違いますが、日本の食べるラー油の原型に近いですね。

材料や器具などについて

調理にかかる時間
・1時間

熟成期間
・1~2日

必要な器具
・まな板
・小さめの鍋
・包丁
・保存用の瓶(100円ショップのもので大丈夫です)
・深皿(唐辛子の粉を練るようです。)

材料
・ごま油(安いもので大丈夫です) 200cc
・一味唐辛子 10g
・水 30cc
・鷹の爪 10本
・ショウガ 20g
・ニンニク 4辺
・ネギの青い部分 1、2本
・無塩のナッツ類(ミックスナッツだと、歯ごたえが色々あるので楽しめます) 適量

作り方

▼最初に全て、材料を揃えてしまいましょう。最初にショウガとニンニクをみじん切りにします。ショウガの皮は取っておいてください

▼青いネギは片側だけ開き、中の泥とネバネバしているものを流水で洗い流します。洗終わったら3、4cmぐらいにぶつ切りにしましょう。

▼ナッツ類はミックスナッツを使うと、買い物が楽です。好みのナッツ類をチョイスし、袋に入れて砕きましょう。硬いナッツは包丁で細かくします。

▼管理人はナッツを入れたボールの底でグリグリして、潰しました(笑)。歯ごたえがあっても美味しいので、あまり細かくしないでも大丈夫です。

▼一味唐辛子は30ccの水でよく練ってください。こうすることで一味唐辛子が焦げにくくなります。ちなみにこのように何も考えずに浅い皿を使うと混ぜるのに苦労します(笑)。写真では手袋を使ってよく練っていますが、スプーンや箸などで練っても大丈夫です。

▼小さめの鍋に「ごま油」と「ショウガの皮」、「ネギの青い部分」、「鷹の爪」を入れ、弱火で加熱していきます。高温になると焦げてしまうので、気をつけてください

▼しばらくすると「ネギ」の色がきつね色になってきますので、鷹の爪以外は抜きましょう

▼鍋だと分かりづらかったので、白いお皿に取り出しました。これぐらいで取り出すといいでしょう。

▼練った「一味唐辛子」を入れます。入れた時に水気が入るので、油ハネには気をつけてください!ここからはたまにかき混ぜるにしてください。

▼油の色が赤くなってきたら、「鷹の爪」を抜き、刻んだ「ニンニク」と「ショウガ」を入れて、かき混ぜます。

▼10分ほど加熱したら、次に砕いた「ナッツ類」を入れます。そこから、5分ほど加熱してください。管理人はとっさにゴマを追加したくなったので入れました(笑)。

▼アツアツを入れると瓶が割れるかもしれないので、少し冷ましてからいれます。この間に保存用の瓶を熱湯消毒かアルコール消毒しておきます。瓶に入れたら、完成です!

オススメ追加調味料

・塩       食べるラー油自体の味がよくなりますが、料理に使いづらくなります。
・砂糖      味わいが深くなり、ご飯との相性がよくなります。
・一味唐辛子 辛さが足りない人は足してもいいでしょう。
・花山椒     中華のテイストが加わり、ピリッとします。
・五香粉     中華風ミックススパイスで、複雑な香りを足すことが出来ます。
・豆鼓      黒豆に塩を加えて発酵させた調味料で、細かくして入れると塩味と旨味が加わります。

まとめ

一晩ぐらい置いておくと味が馴染んできます

塩気を入れていないので、ご飯にかける時は醤油を足してみると美味しく食べられます。

もっと、具だくさんにしたい人はガーリックチップなどの乾燥したものを入れると歯ごたえがよくなりますので、試してみてください。

-レシピ, 中華, 手作り, 調味料

Copyright© グルメの扉 , 2019 All Rights Reserved.