スープ レシピ 洋食 調理技術

【スペイン料理】ニンニクたっぷりのパン入りスープ「ソパ・デ・アホ」

投稿日:2019年2月10日 更新日:




本レシピのポイント

・スペイン料理の伝統的なスープ料理。
・硬くなったパンをしっとりと仕上げられる。
・ニンニクたっぷりのスタミナスープ。

ソパ・デ・アホとは?

アホという単語が付くと日本人の感覚では馬鹿にされている響きに聞こえますが、sopa(ソパ)はスープ、ajo(アホ)はニンニクを意味しており、ニンニクのスープという料理名を指しています。

元々はスペインの羊飼いの間でポピュラーだった料理であり、羊飼いは貧乏だったために、2日ほど経ったフランスパンを食べることもよくあり、硬いパンを美味しくするレシピは重宝されていました。

スペインのカスティーリャにおけるスープはこのレシピから進化したものであり、ハモン・セラーノという生ハムとチョリソーを加えているのが特徴です。

今回紹介するレシピは古典料理であるソパ・デ・アホを現代風にアレンジしたものです。

材料(二人前)

オリーブオイル  大さじ1
ニンニク     3個
トウガラシ    1本(要調整)
鶏ガラスープ   500cc(市販のものでも可)
パプリカパウダー 小さじ1/2
フランスパン   6cm
鶏卵       1個
パセリ      適量
食塩       少々

フランスパンはバゲット、バタールなどなんでも構わず、市販のパンを冷凍したものやカチカチになったものなどでも美味しく作ることが出来ます

あまりにも古いレシピではチキンブイヨンやチョリソー、生ハムなどの動物性だしがほぼ入っていない様なので、ここではチキンブイヨンを使用しています。

【調理器具】寝てる間に出来るプロのチキンブイヨン【シャトルシェフ】

・24時間かけて作るが、コンロの前には数十分のみでOK。
・シャトルシェフを使うことで圧倒的に簡略化。
・アク取りは最初の工程のみ。

続きを見る

チキンブイヨンは上記の記事で紹介している方法で作りましたが、市販の顆粒だしを使う場合には人参や玉ねぎなどを刻んだものを加えると味がグッと良くなります

【実食】手軽に自然の旨味を!「茅乃舎だし」を徹底研究~洋風出汁編~【レシピ付き】

・短時間で本格的なダシを取ることが出来る。
・保存料・化学調味料が使われていない自然の味わい。
・鶏と野菜の旨味は和洋中と活躍の場面が多いので、使いやすい。

続きを見る

『それをするのも面倒!』という人は「茅乃舎」の「野菜だし」や「四季彩々」の「野菜の旨みだし 食塩無添加」を使うことで奥深い味わいになります。

食材の下処理

1.ニンニクはやや厚めのスライスにする。

2.トウガラシは細かく切る。

3.フランスパンは2cm角に切る。

加熱開始

1.オリーブオイルを鍋に敷き、低温でニンニクを炒める。

▼ほんのりきつね色が付く程度にします。

カリッとさせた方が香ばしさが出ますが、スープにするとグニュッとした中途半端な歯ごたえになってしまうので、フライドガーリックまでにはしないようにしましょう。

2.トウガラシを軽く炒める。

最初は半分程度入れて、後から好みの辛さに調整してください。

3.チキンブイヨンを注ぎ、パプリカパウダーを入れる。

4.フランスパンを入れて、1,2分煮る。

5.パンがふっくらとしてきたら沸騰させる。

6.火を止めたら、溶き卵を注ぐ。

卵スープの作り方のコツ

1.沸騰させてから、火を止めるor弱火にする。

2.スープを菜箸やスプーンで回して、渦を作る。

3.白身をしっかりと切った卵液を鍋の外側から細く注ぐ。

盛り付け

最後に盛り付けたらパセリを散らしたら完成です。

スペインではかなりオリーブオイルを使いますが、本レシピでは日本人向けとして半分以上減らして作っています

コッテリとしたニンニクスープを想像するかもしれませんが、トロッとしたフランスパンや卵のおかげで思いの外軽く、スッと身体に染み入る様な雰囲気を楽しめます。

ニンニクを3個も使うスープですが、卵やパプリカパウダー、トウガラシにより旨味を残しつつも、風味を穏やかにしてくれているのでニンニクならではの匂いが気にならないのが嬉しいですね。

-スープ, レシピ, 洋食, 調理技術

Copyright© グルメの扉 , 2019 All Rights Reserved.