レシピ 和食 野菜

【お手軽レシピ】短時間で作れる満足度重視メニュー「味噌バター豚丼」

投稿日:2019年1月20日 更新日:




本レシピのポイント

・バターと味噌のこってりとした味を楽しめる。
・豚肉は切り落としで十分。
・炒めて作るので短時間で作れる。
・特別な材料は特に要らない。

材料

豚肩ロース 300g
塩     少々
コショウ  少々
小麦粉   大さじ1

生姜    5g
ニンニク  1片
長ネギ   150g

バター   20g
赤味噌   30g
豆板醤   小さじ1
砂糖    小さじ2(要調整)
白ごま   適量

ポイント

豚肉は基本的にどれを使っても美味しく作れますが、豚バラ肉だけはバターを入れることを考えると避けた方が良いですね

彩りが少ないので、長ネギの青い所を多く使うと仕上がりがキレイになります。

野菜の下処理

1.長ネギの上部(青い部分)にある硬い表皮を1枚はがす。

ポイント

包丁の刃先を長ネギの上に載せ、力を入れずに包丁の重さだけでまっすぐ引くとキレイに取れます。

ネギの表面が乾燥しすぎていたり、傷んでいるなどの理由があったときにまとめて下処理する時にも便利な方法です。

2.ネギは斜切りにする。

ポイント

5mm程度の厚みに切るとシャキッとした歯ごたえとネギの甘さを楽しめます。

ネギ類の辛味成分は酸素と組み合わさることで強くなるので、ネギの甘さを手っ取り早く引き出すには薄くしないのがポイントです。

3.生姜とニンニクはみじん切りにする。

豚肉の下処理

1.ボールに塩コショウと小麦粉を入れておく。

2.豚肉は一口サイズに切る。

3.ボールの中で豚肉をほぐしながら小麦粉をまぶしていく。

ボールーを使わずに肉を切ったまな板でまぶす手もあります。

材料を炒める

1.フライパンにバターとニンニク、生姜を入れ、弱火で炒める。

2.ニンニクから香りが出てたら豚肉を入れる。

ポイント

この時に弱火でくっついている肉をほぐしながら炒めていきます。

じっくり火を通すことで肉がバラバラになりやすく、肉が硬くなりにくいです

3.中火にして軽く豚肉に焼き色をつける。

ここで焼き色をつけることで香りがグッと良くなりますが、すべての肉をカリカリにすると味が落ちます

そこで、肉をキレイにフライパンに並べたら動かさずに一部だけ焼き色を付けます。

芳ばしい香りが好きな人は箸か何かでかき混ぜ、同じ様にもう1回焼きます。

4.フライパンを傾け、豆板醤と味噌を入れて炒める。

豆板醤と味噌を炒めることで発酵臭を飛ばし、味と香りを向上させます。

5.長ネギを軽く炒めたら、砂糖で味を整える。

ポイント

コンロの火力にもよりますが、中火で2,3分程度の加熱で長ネギのシャキッとした歯ごたえが残りつつ、火が通ります。

味噌と豆板醤は砂糖との相性が非常にいいのですが、ネギの甘味が十分な場合もあるので材料の項目でも紹介した様に調整してください

盛り付け

仕上げにゴマをパラリと振ったら完成になります。

バターと豚肉の旨味を楽しめる丼になっており、豆板醤の辛さはあまり感じませんが味を引き締めてくれます。

豆板醤を普段使わない場合には七味や鷹の爪などを利用してください。

日常でよく使う素材で構成されており、短時間で調理が可能な豚丼ですが、味噌味はあまり外食では食べられないので、一品料理で済ませたいときに作ってみてください。

-レシピ, 和食, , 野菜

Copyright© グルメの扉 , 2019 All Rights Reserved.